なんちゃって自己投資

知者自知、仁者自爱(賢い者は己を知り、優しい者は己を愛す)ーー《荀子•子道》

ビジネス英語慣用語 / Business English idioms Part.2 (O~Y)

f:id:winry0:20180930123531p:plain

business english idiom

なかなか投稿する時間がなく、だいぶ間を置きました…

ビジネス英語慣用語後半のまとめです。

前半は下記よりご覧ください。

 

winry0.hateblo.jp

 

O

   
off the top of one's head 思いつき 不假思索
on a roll うまくいっている 超常发挥
on the ball 目を見張って 机警
on the same page 考えが同じである 步调一致
on top of something 熟練 熟练掌握
on your toes 油断させずにおく 保持警觉
out in the open 公然と、明らかに 公开的秘密
out of the loop
(opposite: in the loop)
蚊帳の外
(内情に通じている人)
(不)是消息灵通的人,圈内人

P

   
pink slip 解雇 解雇,开除
play hardball 強硬手段 採取強硬方式
put all one's eggs in one basket 卵を全部一つのかごに入れるな 孤注一擲
put the cart before the horse 本末転倒 本末倒置

R

   
raise the bar 水準[レベル]を引き上げる 把整体水平拉高
read between the lines 言外の意味を読み取る 聽懂話外音
red tape お役所仕事 繁文缛节,官僚作风
rock the boat 波風を立てる,事を荒立てる 把事情搞砸
round-the-clock 絶え間なく 日夜不停的
run/go around in circles 空回りする 白忙活

S

   
safe bet 必ず当たる賭(か)け 肯定会发生的事
same boat 同じ境遇にある 在同一条船上
second nature 第二の天性 第二天性
see eye to eye 見解[意見・気持ち]が一致する 意见一致
see something through 遣り遂げる 进行到底
sever ties 関係を断つ 一刀两断
shoot something down 否決 否决某事
sky's the limit 限界がない 没有限制
small talk 世間話,雑談 闲聊,寒暄
smooth/clear sailing 楽に 一帆风顺
snail mail 普通郵便 传统信件
stand one's ground 変えない 力排众议
start off on the right foot 〔人間関係などで〕良いスタートを切る 良好的开端
start off on the wrong foot 〈初対面で)悪い印象を与える 留下坏印象
state of the art 最先端 最先进的

T

   
take something lying down 抵抗せずに受け入れる 善罢甘休
take the bull by the horns 角をつかむ 临危不惧,迎难而上
talk someone into something やらせる(説得して) 说服某人做某事
talk someone out of something やめさせる 说服某人不做某事
the elephant in the room 触れちゃいけない話題 不容忽视、大家却又避而不谈的问题
think big 大きく考える 立大志,雄心勃勃
think outside the box 頭を柔らかくして考える 独辟蹊径
throw in the towel 降参 认输
time's up 時間切れ 到头了
touch base 連絡を取る 跟有关的人联系
twist someone's arm 圧力をかける,
ねじ伏せる
给某人施加压力

U

   
under the table こっそりと; そでの下で 暗地里,私下
up in the air 未定で、漠然とした 悬而未决
uphill battle 苦しい戦い 逆境中求胜
upper hand 優勢 占上风

W

   
white collar ホワイトカラー 白领
win-win situation ウィンウィン 双赢的局面
word of mouth 口コミ 口口相传
writing on the wall 兆し、前兆 不祥之兆

Y

   
yes man イエスマン 应声虫

 

ビジネス英語慣用語 / Business English idioms Part.1 (A~N)

f:id:winry0:20180930123347p:plain

ネイティブの人からビジネス英語の学習サイトを教えてくれました。

ビジネス英語によく使われるフレーズ、慣用語のまとめです。

It's really useful and I shall also recommend to you all.

 

P.S. このサイト自体はビジネス英語を学ぶのにとても役立ちますので、

ぜひブックマークを!

www.businessenglishresources.com

 

アルファベット順に並んでいて、意味と例は原文を参照ください。

ブログでは対応する日本語と中国語を翻訳します。
(もし間違いがあったらどうぞご指摘を)。

English 日本語 中文

A

   

a tough break

不幸な出来事 一场不幸

ahead of the curve

先手を打つ、先取り 领先一步
ahead of the pack 先頭を走って、リード 优越地位
ASAP できるだけ早く 尽快
at stake 危うくなって 危在旦夕

B

   
back to square one 振り出しに戻って 回到原点
back to the drawing board 最初からやり直して 从头再来
backroom deal 裏取引 后台交易
ballpack number/figure 概算数値 大概数字
behind someone's back 陰でコソコソする 背后(暗中)行事
behind the scenes 舞台裏で 幕后
big picture 全体像 大局 大局
blue collar ブルーカラー 蓝领
by the book 規則に従って 依法
by and large 全般的に, 大体 一般而言

C

   
call it a day 終わりにする、
切りあげる
收工,到此为止
catch someone off guard (人の)不意をつく 让某人措手不及
cave (cave in) 屈服、降参 屈服,妥协
change of pace 気分転換  改变节奏
come up short 期待/目標に及ばない 未达预期
corner a market 市場を独占する 垄断市场
cut corners 手を抜く 偷工减料
cut one‘s losses これ以上損をしないうちに手を引く 断尾求生
cut-throat 〈競争など〉激しい 竞争激烈

D

   
diamond in the rough ダイヤの原石、
磨けば光る人
璞玉,外粗内秀

E

   
easy come, easy go 悪銭身に付かず 来得容易去得快

F

   
fifty-fifty 五分五分 对半开
from the ground up 一から/初めから 白手起家

G

   
game plan 作戦 战略,策略
get back in/into the swing of things 元の調子に戻る 重出江湖
get down to business 本題に入る 进入正题
get something off the ground (物事が)順調にスタートする 项目启动
get the ball rolling 物事を始める 开工
get/be on the good side of someone 機嫌を取る 讨人欢心
get/have one's foot in the door 働く機会を得る、
第一歩を踏み出す
抢占先机,抢先一步
give someone a pat on the back 背中をポンとすること=褒め言葉 给某人鼓励
give the thumbs down 却下、反対 反对
give the thumbs up 親指を上げる、賛成 竖起大拇指,赞同
go broke 破産する 破产
go down the drain 水泡に帰する 打水漂
go the extra mile もう一頑張りする,全力を尽くす 超出预期的努力
go through the roof 限度を超えて上昇する 势如破竹
gray area グレーゾン 灰色地带
ground-breaking 画期的な 开拓性的,独创的

H

   
hands are tied 何もできないでいる、自由にならない 束手束脚
have someone's work cut out 大変な仕事を背負い込む 任务过多,难以定夺
hit the nail on the head  (問題の)核心をつく 一针见血

I

   
in a nutshell きわめて簡潔に 简而言之
in full swing 本格的 步上正轨,全面展开
in the black 黒字で 盈利
in the driver's seat 支配的地位にあって 掌握控制权
in the red 赤字 赤字,亏损

K

   
keep one's eye on the ball 抜け目がない,チャンスを逃さない 密切关注

L

   
last straw 我慢の限界を超えさせるきっかけ 最后一击
learn the ropes コツを覚える 掌握窍门
long shot 込みの薄いこと 希望渺茫
loophoe 抜け穴 漏洞
lose ground
(oppo: gain ground)
形勢が不利になる、支持を失う 失利
lose-lose situation
 (or no-win situation)
双方に不利な状況 双输的局面

N

   
nine-to-five 九時五時 朝五九晚
no brianer 考える必要がない 不用费脑
no strings attached 付帯条件なし 没有任何附加条件
no time to lose 一刻を争う, 時間がない 没时间浪费,争分夺秒
not going to fly 通用しない、無理 行不通,门都没有

 

TBC...

 

外国語を学ぶ20Tips Part2

EGage COrTrove f:id:winry0:20180929122935j:plain

20Tipsの続きです。

Tips1~10はPart 1でご覧ください。

winry0.hateblo.jp

 

Original post / 原文

www.myngle.com

 

 

11. Think in ideas rather than words when speaking / 話す際は単語よりアイデアで考える

This is truly a useful tip as we foreign language learners usually tend to focus on which words to use, not how to express the same thing in different ways. 

I am used to think in Japanese since I started my learning. 

単語より、思考回路を目標言語に置き換えた方がよいですね。

 

12. Identify key sounds that are strange to your ears, then isolate them and practice them / 聞きなれない音を拾い、単独で取り上げて練習する

This usually happens to those sounds don’t exist in the mother tongue of learners’.
For example, “/r/” or “Th-”. Since repeated practice is the only way to make progress, so just keep trying.

なれない発音を聞き取るのが結構難しいよね。とくに母語にない発音だと。

そのときはちゃんと意識して練習するのみ。

 

13.  Identify pronunciation patterns. / 発音のパタンを識別する

This works with not just pronunciation, but also intonation.
For example, the liaison in American English, the stress accent on different positions of words in the same characters.
Another difficult point for learners.

英語の連音や日本語の同じ漢字だが違うイントネーション、中国語にも適用するね。

 

14. Strive for 15mins of exposure to the language each day. / 毎日15分間目標言語に浸かる

It is usually said that the best way to learn a foreign language is to live in the environment. I am trying to listen to the podcast everyday and watch original dramas. It is important to let your brain and ears to get used to the target language, even sometimes you don’t understand what the hell they are talking about!

まずは環境を作ること。耳と頭を目標言語になれること。意味は2の次。

 

15. Choose a certain time of the day / week to only speak in target language / 毎日•毎週に特定の時間を目標言語だけ話す

If Tip14 is the input, then Tip15 is the output. You can never make progress if you don’t output. So this is truly important while few people can persist in.

アウトプットはインプットより大事。読み書きはそこそこできるが話すのが苦手のタイプは特にこれが必要だね。

 

16. Play games. / ゲームしよう!

A ha, I can no more agree! Just like children always learn from games, so do adults.
Learn for fun is a way not only relieve you from the stress to learn an unknown language, but also reinforce your memory especially when you enjoy what you are doing.

楽しみながら学ぶ、子供にも大人にも適用。要はリラックスした状態で学ぶのが大事!

 

17. Engage multiple senses while speaking. / 話すときは五感を活かす

Somewhat like Tip16. Why people always saying that they have learned so many years foreign language but still cannot speak out a single sentence? Isn’t that because you only use your eye or your mouth to recite a vocab card or do endless paperwork without engage your other senses? That’s the problem!

16と同様、なにかをやりながらその言葉を発することで、より自然に身につくことになるでしょう。

 

18. Understand the 1,000 most commonly used words / 1000個の常用語を理解する

In English, the 1,000 most commonly used words cover about 85% of daily speech

Of course you may not need to recite all the dictionary just for chatting, as I forget most of the seldom-used words and phrases when I learned N1 for Japanese. 

But, if you need to work in a specific field, you should know the terminologies of your industries.

自然会話で使う言葉は実はそれほど多くない。とうに英語だとシンプルな表現が多い。ただし、文化を表す慣用語などの習得は難しいね。あと専門用語など。

 

19. Write down your mistakes. / 間違いを記録する

There are two kinds of mistakes when learning foreign languages. One is just “mistake”, the other is “error”.

The former is those mistakes that you know the right answers and you can correct them by yourself, while the later is those that you even don’t realize that they are mistakes! 

But in my case, there is a third one. The mistake that I know is wrong but I just cannot stop making them again and again! = =bbb 

日本語で一番よく間違えるところは自動詞と他動詞。先輩にもよく指摘されてますね。

違うとわかっているけど、なかなか難しい。

 

20. Study basic grammar just once a month / 月に一度だけ基本文法を学べばよい

Though this usually comes first when we learn foreign languages as students! 

Do you remember the endless homework or tests that you need to choose the correct answers from a grammar point of view? Really stressful, isn’t it? XD

So, let grammar down!

文法はむずいよね。こう言ったら良いか、ああ言ったら良いか悩んでいるうちに、ポイントを失ってしまう。

正直、日本語の文法もややこしいと思う… 

 

 

That’s all! Enjoy learning foreign languages!!
国語学習を楽しもう〜 

外国語を学ぶ20Tips Part1

tips-for-learning-a-foreign-language-myngle-part-1

改めて英語、特に語彙量とスピーキング力を上げたいと思い、このカテゴリーを新設しました。

あくまで個人用ですので、思いつくことや見つけたTipsを適当に書き留めていきます。

 

外国語を学ぶ際にお勧めの20TipsをmYngle Blogから抜粋して、自分の意気込みも宣言します!

 

Original/原文

www.myngle.com

 

Start with the first 10! / まずは最初10個から

1. Determine the language you are learning/学ぶ言語を決める

There are so many diffierent versions in English. American, British, Singlish, Australian, etc. You'd better determine which version to learn before you start.

So, in my case, American English is my first choice.

まずはアメリカ英語からマスターしたいです。

 

2. It is okay to make mistakes! /失敗してもいい!

We always forgive children when they fail but seldom forgive ourselves as an adult. However, there are no perfect people in the world so why should we be so afraid of making mistakes?

Even natives may make mistakes when speaking their mother tongue. Let alone foreigners. 

So, I will speak it loud and not fear to make mistakes!

外国語だから、間違っても当たり前。大人とか子供とか関係ない。だから、とことん間違って、とことん上達しよう!

 

3.Use sticky notes to label things around the house / 家中にポストイットを貼りまくる

Well, I used to use this method when I learned Japanese... But it is truly an efficient way to learn new words especially those things around you in your daily life. 

So, I shall start with those things hard to remember.

日常生活において特に覚えにくい単語から始めようか。

 

4. Replace common phrases that you may use every day with their equivalent. / 慣用句を似たフレーズで置き換える

Yes, this is interesting! The examples in the original articles are some common phrases such as greetings. I would like to find some interesting expressions and phrases esp. from dramas. That's also the way I learned Japanese.

Though, sometimes it may be difficult to find the exact same meaning in two different languages.

時々、異なる言語で全く同じ意味をあらわすフレーズを探すの結構難しいね。

 

5. Ask natives about phrases they commonly use in their homes / ネイティブが家でよく使うフレーズを聞く

This would be quite useful! But, I need to first find a native :)

まずネイティブを探すことから始まらないとね。笑

 

6. Watch TV in the language you are learning / 学ぶ言語のテレビ番組を見る

Yeah, Yeah, another way I used most in my Japanese learning, not only TV shows, but also animations and comics! I was recommended a series of dramas, so, just begin.

やっぱり、ドラマから始めるのが一番だね。

 

7.Interact with those who know more than you do / 自分より多くを知っている人と交流する

Even with non-native speakers. Truly there are so many non-native english speakers who speak fluent english. If I can just learn from them, that will be great!

 

8. Create a word diagram for new vocabulary / 新しい語彙の単語ダイアグラムを作る

Just like creating a mindmap. Use the relatinship between each word. It just remind me of Graph API!

マインドマップのように単語を関連付けてみると覚えやすいかもね。

 

9.Try to think in pictures instead of translating into your mother tongue / 母国語に翻訳するより、画像でイメージする

Wow, this is a new way and it is reasonable! I also learned from another lesson talking about memorization that using pictures is the most efficient way to memorize things.

But this only works with nouns.

Google画像の出番だね。でも、名詞限定かも。

 

10. Read content written in the language you are learning / 目標言語で書かれたコンテンツを読む

Yeah, agree. For me, reading in Japanese is not that difficult but reading in English... sometimes really distracts me. I will try.

日本語で読むほうが楽だな…頑張るしかない。

 

 

Next 10 tips

 

winry0.hateblo.jp

 

アンソニー・ロビンズ UPW2018 @シドニー 体験談 その1

f:id:winry0:20180923161825j:image

 2018/9/13~16に、シドニーで開かれる世界No.1コーチ、アンソニー・ロビンズの世界規模セミナーイベントーーUnleash the Power Within 2018 (UPW,内なる力を解き放て)に初参加しました。

最高の4日間を過ごし、このかつて体験したことのない経験を少しても書き留めたらと思います。(シドニーの観光編はまた別の記事で書く予定)

UPWとアンソニー・ロビンズ

アンソニー(以降Tonyと呼ぶ)とイベントの概要紹介は、出発前の記事で書いておきましたので、ここでは省略。
winry0.hateblo.jp

 

ここで書いてある体験談はほんの少ししか伝わず、
イベントでもらえたパワーは文字なんかはるかに超えるほど強烈でした。

ネット上ではTonyのやり方を批判するような記事も読んだことがありますが、
よく読んでみると、書いてる人も単にネットで集めた情報だけで判断し、
中身はどういうものか全く知らないのに個人の偏見で批判しているだけのものが多いです。

なので、この記事では本当のUPWではどういうものを学べるかを雀の涙程度で記録し、
本当のすごさ、その会場の雰囲気からしか得られない感情のパワーを、
ぜひ興味のある人に現場まで足を運んでいただき、
実際に体験いただいたほうが良いと思います。

目から鱗が落ちるほど、ロックバンドなんかはるかに超えるほど、
たくさんのエネルギーとポジティブなパワーを手に入れ、
自分の人生に自信をもって歩んでいけると思います。

 

イベント前日まで

私は日本人グループより申し込んだため、出発前からFBグループでいろいろと事前情報を取得していました。

実は、イベントの前日までにいくつかの懸念事項もありました。
その中で特に大きく心配していたのがーー

eチケットがいまだに届いていない!

日本組の問題かと思ったら、参加していた別のWWのFBグループにも多くの人々が問い合わせていて、どうやら世界的な問題のようです。
後から分かったことが、今回は約8000人超えの人たちが集まっていたので、チケットの手配が遅れていたそうです。

幸い、シドニーに到着した日に無事メールよりeチケットが届きました。

(とはいっても、別に初めてのイベントじゃないから、そこの体制はもう少しちゃんとしてほしかったですね)

シドニーへの17時間の長旅で疲れ果てて、ホテルでぐっすり眠っていたら、

予定の事前登録の時間にうっかり間に合わず、日本人グループの前夜祭にも遅れて参加することになりました(ホテルから出発した後に、日本人登録カウンターの受付が急遽キャンセルされたと知りましたが)。

前夜祭での皆さんのパッションは半端ないですね!

いつもの大人しい日本人のイメージと全然違います(笑)。

さすが、意識高いグループですね!

 

4日間の集中セミナを通して

Tonyがなぜ世界No.1コーチと呼ばれるのか、この4日間を通して身をもってわかりました。

本当に、講演のテクニックでもいい、会場の雰囲気を上手にコントロールし、
8000人の気持ちを一つにまとめる力は本当にすさまじいです。

一般的なセミナーだと、大体下にみんなが座ってノートをとったり、
講師が一方的に話すことが多かったですが、
それでオーディエンスがどれほど講師が話した内容を自分の身になっているのか、
経験上、「いい勉強になった」ぐらいで終わるのが大半です。

Tonyのセミナーの最も違うところは、
理屈だけではなく、たくさんのワークショップを行い、
聴衆に自分で考え、自分で答えを出すように導かせています。
そして、たくさんの行動や周りとの交流によって、
ただ座るだけだと固まる脳みそを活性化させ、
動きとともに学んだものを身に染みるようにできます。

それはどれだけのパワーがあるのか、下のビデオを見れば何となく伝わるかと思います。

youtu.be

特に初日は12時から夜中の24時までほぼ12時間の間、
Tony一はほぼ休憩なし、水もあまり飲まずに一人で全部やってこれました。

本当に人間か?!と思うぐらいのエネルギーの持ち主ですね。

そういうところもあるから、
人々は彼の言っていること、彼の信念についていくのだろうとも思います。

 

4日間のテーマ

これはライブコンサールではないから、ちゃんと講座やレッスンがたくさんあります。

初日の登録手続きで、このような分厚いA4のワークブックと通訳機が渡され、
4日間それぞれ違うテーマでがっつり学びました。

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/41558950_1335428363257916_37425984240091136_n.jpg?_nc_cat=0&oh=05b04b68c059783f1fe7c5891045ae9a&oe=5C5ABCDE

それぞれの日のテーマは下記通りです。

  • Day 1 Turn Fear into Power(恐れを力に変える)
  • Day 2 Turn Dreams into Reality (夢を目標に変える)

  • Day 3 Breakthrough to Your New Life (新しい人生へ飛び出そう)

  • Day 4 The Power of Pure Energy (内なるエネルギーの力)

それぞれのテーマはお互い関連しあい、どんどんステップアップしていくように構成されています。

概要は下の日本語サイトに書いてあるので、興味のある方は参考できます。

anthony-robbins.jp


実は講座で話している内容は極当たり前のことですが、
当たり前だからこそ、人はあえて見過ごしがちになってしまいます。

個人のこと、家族や友情、恋愛などの人間関係、成功するための柱、価値観と信念、感謝と成長、変化と持続、健康を保つ方法…

「それ知ってるよ」と思っている人はたくさんいるだろう。
ただ、「知っている」だけにとどまっているのではないでしょうか。
「知っている」ことを実際に理解し、行動に移しているのでしょうか。
だからこそ、心理学というこの世で最も複雑なものー人の心ーを研究する学問が生まれてくるのではないでしょうか。

  

何より重要なのはマインドセット

簡単そうな単語ですが、実践するのに案外難しいところがあります。

 

例えば、私たちが前進することを妨げているものはなんでしょう。言い訳はいろいろありますが、根本となるのは「恐怖」です。

失敗への恐怖、プレッシャーへの恐怖、拒絶への恐怖、愛への恐怖、未知や孤独への恐怖。

恐怖こそが人を弱くする最大の敵である。

 

4日間にわたり、たくさんのレッスンとワークショップを通し、
実践心理学の面から、いかに自分の本当にやりたいことに向き合えるかを学びました。

 

そして、初日の最後は全員が靴を脱ぎ、近くにいた人とペアを組み、
マックス1000℃ぐらい燃え続ける炭を裸足で渡りました。

この火渡りの儀式を行う前に、Tonyは約1時間半の時間を使って皆さんに心の準備を整ってくれました。
ちょっと長かったなと思ったりもしますが、笑。

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/42321821_1342026089264810_6016514291316817920_n.jpg?_nc_cat=0&oh=ec46050b7e67bd1b5dda5173438350dc&oe=5C5E09BF

事前に何人にも確認して、みんな揃って大丈夫と言っていましたが、
それてもいざ炭を目の前にすると一瞬ひるんでしまうのは仕方がない。
ただ、そこでやめたら本当に何も変わらないので、
思い切って渡ったら、意外と思ったほど熱くはなかったです
(帰った後のお風呂で、足裏に2つの小さな水膨れができたぐらいです)。

無事に渡ったら、思わずペアの人とハッグして、「We did it!!」と喜ばずにはいられなかった。

これによって、思い込みはどれほど自分を妨げているのかを知り、
やってみないと何も始まらないということをしっかり実感しました。

 

そして最も印象深かったのが、Day3のディケンズプロセスです。
良いことや、楽しいことだけをやるのは、その一時的には楽かもしれないが、すぐその感覚を忘れてしまいます。
しかし、もし悲しみも伴えば、その感情は忘れられないほど深く心に刺します。
だから悲劇はいつも喜劇よりも長く人々の心に残せます。

Tonyはパワフルな言葉と音楽を使い、満場の人にもし自分が変わらなかったら、
どんな恐ろしい未来が待っているのか、自分の大切な人がもし失ったらなど、
とにかく自分にとって一番恐れていることを想像させました。

そしたら、驚くほど満場の人々が苦しい叫びや唸りをあげ、
Tonyの言葉によってさらにいっそう度が増し、大泣きした人もたくさんいました。

正直、私は最初のころ特に何も感じませんでした。
私自身別に苦しい過去や、貧しい生活をしたわけもなく、
必ずしも憂い一つなく幸せな人生を送ってきたわけではないが、
そんなに苦しいと思えるほどの経験もなく、
最初はこの会場に蔓延する悲しさにあまりなじめませんでした。
ただし、ある言葉がきっかけに、心底に潜んでいる一番恐れていることを思いついたとたん、
抑えきれないほどいきなり泣き出しました。Tony、恐るべし!笑

 

そして、下のシーンのように、この悲しみの後にTonyからの掛け声で、
変わることがいかに大切か、いかに力強く心に響くかを伝わってきます。

(といっても、ビデオだとそのすごさの1/10も表現できないが)

youtu.be

客観的に観たら、感情で訴えるのはいかに洗脳ぽく感じるかもしれませんが、
別にTonyがかけてくれた言葉は何一つ悪いことがなく、
弱い私たちに内から力を引き出し、自分をもっと信じるように後押ししてくれました。

 

その信念こそが、何をやるうえで最も大切なことではないでしょうか。

 

「Now I am the Voice.

I will lead, not follow.

I will believe, not doubt.

I will create, not destroy.

I am a Force for Good.

I am a Leader.

Defy the odds!

Set a new standard!

Step Up!

Step Up!

Step Up!」

 

 

続く…

アンソニー・ロビンズのUPW2018に参加しにいきます!

http://www.upwsydney.net/blog/wp-content/uploads/2016/11/Tony-Robbins-UPW-Sydney-2018.jpg

2018年9月11日

自分への特別な誕生日祝いとして、
そして人生の変わり目の意味も含めて、
とうとう海外までセミナー、というより、

世界レベルのイベントに参加することにしました!

 

どんなイベントかというと、かの有名な世界No.1コーチーーアンソニー・ロビンズのUnlesh the Power Withinというイベントです。

まずビデオの感じはこうです。

youtu.be

アンソニー・ロビンズは誰?

このイベントを知るまで、正直この人を知りませんでした。
でも、アメリカでは知らない人いないほど、そして世界中にも知り渡されるほどの有名人だそうです。

一言でいうと、「世界No.1コーチ」と呼ばれている人です。

彼自身のプロフィールもかなりドラマティックで、彼のクライアントにはすごい有名人がたくさんいるといわれています。

アンソニー・ロビンズは、1960年2月29日、アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。貧乏な家庭環境のため大学を断念、ビル清掃アルバイトをしながら17歳からの2年間で約700冊の成功哲学や心理学に関する本を読破し、さまざまな講演やセミナーに参加。その後膨大に蓄積した知識と経験を活かした独自のスタイルでライブ・セミナーを展開している。

アンソニー・ロビンズは、2メートルを超える長身からダイナミックに繰り出されるアクションで参加者を魅了する彼のセミナーは30年以上にわたり何千万もの世界中の人々に影響を与え続けている。市販されているアンソニー・ロビンズのオーディオ学習システムは、現在までに3500万セット以上の世界的セールスを記録しており、出版する書籍は全世界で1,000万部の大ベストセラーとなっている。

アンソニー・ロビンズ

彼のクライアントには、元アメリカ大統領ビル・クリントン、故ロナルド・レーガン大統領、投資家ジョージ・ソロスクインシー・ジョーンズ、故ダイアナ元妃、テニスプレーヤーのアンドレ・アガシ、ハリウッド俳優アンソニー・ホプキンスなど…世界の超VIPが名を連ねている。また、最近ではレディー・ガガオプラ・ウィンフリーなどもセミナーに参加している。

 

anthonyrobbins.jp

 彼はたくさんの本を出版されていますが、最も有名な著書は『Unlimited Power』(『無限な能力』)だそうです。

Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement (English Edition)

Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement (English Edition)

 

 

Unleash the Power Withinというイベント

略してUPWですが、アンソニー・ロビンズ(Tony Robbinsと呼ばれることもあるので、以下TRと略す)のチームによる4日間の集中セミナーです。

Official Websiteはこちら↓

tonyrobbinssg.com

 

毎年世界中の複数国で開催され、

2018年はすでにシンガポール、ニューヨーク、ロンドンなどで開催されたそうです。

今回参加した9月回はオーストラリア・シドニー、オリンピックパークにあるQudos Bank Arenaという体育館で開催されます。

現時点で参加した日本人FBグループは90人、WWのFBグループは700人越え、全世界からの参加者は12000+といわれるほど大人気のイベントです。

Qudos Bank Arena

 

スケジュールからもわかる通り、拘束時間が非常に長く、かなりタフですね。

Four Day event 
Thursday 13 September 2018 - 12:00 pm – 12:00 MN 
Friday 14 September 2018 - 9:30 am – 10:30 pm 
Saturday 15 September 2018 - 9:30 am – 11:00 pm 
Sunday 16 September 2018 - 9:30 am – 7:00 pm

f:id:winry0:20180911121734p:plain

 

話によると、とにかくロックコンサート以上の勢いで踊ったり、歓声をあげたり、

終始ハイテンション満点なイベントだそうです。

 

特に初日はかの有名な「火渡り」という全員がmax1000℃ぐらい燃えてる石炭の上に裸足で渡るというなんと危なさそうでわくわくするイベントがあるのです!

Firewalk

この火渡りはある儀式のようで、渡ったことによって自分の中に潜む怖がり、臆病、自信のなさなどネガティブな感情すべて乗り越えられるほど、勇気づけてくれるというものだそうです。

同意書ではやけどするかもしれないと書いてあるのですが…

TRの言うとおりに歩き、やけどなど考えなければ問題ないだそうです。

 

というわけで、期待と楽しみをもって、羽田から出発しますーー!

レポートは目が覚めたらまたアップします(笑)。

 

SayーーーーーYes!!!

 

 

Google Digital Workshop -- 「ビジネスでオンラインを活用する」

1ヶ月前に受講し始めたGoogle Digital Workshopをついに全コース攻略。

f:id:winry0:20180909192839p:plain

でも、なぜか最終試験はいつもどこかで間違え続けて合格できない…

というわけで、後から探しやすいように、

各テーマを分けてポイントをもう一度整理したいと思います。

 

関連記事は↓

winry0.hateblo.jp

 

f:id:winry0:20180909192420p:plainオンラインで商品やサービスを販売する

 いわゆるeコマースの基礎。トピックは2つのみ。

eコマースの構築

  • eコマースとは:インターネット上で商品を販売売ること。
  • ECサイトの始め方
    • インターネット上の決済システムを導入
      • クレジットカード決済代行サービス
        決済代行の外部サイトで決済を行い、注文完了後に本来のウェブサイトに戻ってくる仕組み
        お客様の注文対応するために必要な情報を受け取れる

    • ゼロから作る場合
      • ECサイト簡単作成サービスを利用
        MakeShop; カラーミーショップ
      • 利点:決済機能、商品ページの簡単追加テンプレート、買い物かごなどの機能が備えている
      • 実店舗と違う商品の情報を追加:写真、詳細説明、口コミ、動画

    • Amazon楽天への出店も検討

    • 分析機能のあるECサイト構築サービスを利用
      • 取得できる情報:
        ウェブサイトを訪問するまでに目にした広告
        ◎より好まれるコンテンツの作成
        ウェブサイトで行われた行動をトラッキング

      • 注文管理の機能も利用可能
        会員になったお客様の情報、支払い方法、配送先住所の管理
        クーポンの送付、購入までのサプライチェーン改善

      • その他便利機能
        ◎在庫管理
        ◎商品ページの作成と整理
        ◎商品の検索機能

 

インターネット上での販売促進

  •  ECサイトの改善方法
    • レスポンシブデザインの導入
      レスポンシブデザインとはバイスの画面サイズに依存しないwebサイトを構築する手法。

      www.yamatofinancial.jp

    • 商品を検索しやすい作り
      ◎商品をカテゴリに分類
      ◎検索機能を追加

    • 商品ページの内容を充実
      ◎動画、各角度の写真(高解像度)
      ◎商品の寸法やサイズなど明記

    • 会員登録の利点
      ◎購入手順の簡素化
       初回購入時に必要な注文情報を登録しておけば、次回以降は省略可能
      ◎購入・閲覧履歴から関心のある関連商品を勧められる 
  •  商品の宣伝方法
    • 最初のページに特定の商品を宣伝
      ◎在庫処分、人気商品などの紹介

    • レコメンドエンジンで同時購入を促す
      ◎お客様の好みに応じて関連商品を宣伝して売り上げアップ

  • リターゲティング
    • 過去にウェブサイトに訪問したお客様に対して広告を表示する機能

    • 機能
      ◎お客様が興味を示した商品をトレーシング可能
      ◎購入途中で他サイトにいったお客様に再度広告表示やセール特典など含めて宣伝可能

    • 利用方法
      Google AdWords(現:Google広告)の広告サービスを利用

      liskul.com

    • 条件設定
      ◎xx期間内でxxを買ったお客様
      ◎xxをずっと閲覧しているけど一度も購入していないお客様

    • 広告の表示頻度
      ◎気が変わったお客様や、他サイトですでに商品を購入したお客様もいる
      ◎同じ広告を同じ人に表示する上限回数を設定

 

感想

受講している間に、自分のネットサーフィンの過程を思い出さずにはいられませんね。

今まで一消費者として、おそらく皆さんも同じような経験があると思います。
各種ECサイトから商品を閲覧したり購入したりした後、
ほかのサイトを閲覧しているときも同じ商品の広告ばっかり表示されていますね。
時に確かに興味を注ぐものもあれば、多くの場合はちょっと煩わしくも思ったりします…

これぞコンシューマーとプロバイダーの心理上の違いってことですね。

 

ただし、インターネット上でものを買うのが当たり前になっている時代なので、
オンラインビジネスをやるのなら、オンラインマーケティングも非常に重要ですね。

 

最終試験問題

1.オンライン広告を始める際、多くの場合何が最大の課題となりますか。

A最適な予算の割り振り

B計画の策定

Cウェブサイトの最適化

Dターゲットとする顧客層の定義

2.解析ツールではさまざまな情報が提供されますが、提供されない情報は次のうちどれですか。

Aユーザーがウェブサイトでどのような行動を取っているか

Bユーザーがどのウェブサイトからアクセスしたか

Cユーザーがその後どのサイトにアクセスしたか

Dユーザーがウェブサイトで何を探しているか

3.ウェブサイトを構築するうえで、サーバーはどのような役割を果たしますか。

Aウェブサイトの管理

Bウェブサイトのホスト

Cウェブサイトの宣伝

Dウェブサイトの保護

4.ビジネスの戦略構築にあたり、競合他社の分析情報は、独自のセールス ポイントを打ち出すうえでどのように活用できますか。

A競合他社の価格設定に対抗した割引額を設定できる

B競合他社の商品やサービスとの違いを見極めるために役立つ

Cマーケットの状況や競合他社のアプローチについてより詳しい情報を得ることができる

D事業拡大へ向けて、新たに進出できそうな地域を特定できる

5.コンテンツ マーケティング戦略の下でコンテンツを作成する場合、「See、Think、Do、Care」フレームワークが重要になります。ユーザーの行動で「Think」に該当するものは次のうちどれですか。

A検討フェーズ(購入を検討している商品のリサーチを開始)

B資金調達フェーズ(予算について検討)

C実行フェーズ(商品を購入)

D共有フェーズ(ソーシャル メディアで画像を共有、商品に関するフィードバックを提供、など)